• HOME
  • 南関東競馬虎の巻
  • 船橋競馬場の枠番別成績は馬場状態で大きく変わる!

南関東競馬虎の巻

船橋競馬場の枠番別成績は馬場状態で大きく変わる!

 「南関東競馬虎の巻2015」、今回のテーマは船橋競馬場の枠番別成績よ。


nankankeiba.comで詳細をチェック!

 船橋競馬場のコースはスパイラルカーブが採用されていることで有名ね。入口の部分が緩やかなカーブになっているので、スムーズにコーナーへ進入できると言われているわ。
 走路は外回り(1周1400m、幅員25m)と内回り(1周1250m、幅員20m)の2種類があるけれど、通常の開催で使用されるのは原則的に外回りだけ。浦和競馬場や川崎競馬場(ともに1周1200m)よりも大きなコースということをまず意識しておくべきでしょう。
 そんな船橋競馬場の全体的な枠番別成績がこちら。


nankankeiba.comで上記詳細をチェック!

 それほど大きな差ではないけれど、6枠、7枠、8枠といった外めの枠が高い好走率をマークしているわね。一方、最内の1枠は勝率、連対率、3着内率ともワースト。基本的に外枠有利で、極端に内の枠はやや不利、と言えるんじゃないかしら。

 ただ、これはあくまで全体的な傾向。馬場状態別の成績を見ると、ちょっと面白い傾向があるの。
 まずは馬場状態を良に限定した成績からご覧いただきましょうか。


nankankeiba.comで上記詳細をチェック!

 勝率、連対率、3着内率とも、トップ3は外めの6~8枠。1~5枠との差がよりはっきりしたわね。昨年の東京湾カップで7枠と8枠の馬が上位を独占したように、良馬場ならまず外枠の馬に注目するのがセオリーと言えるでしょう。


nankankeiba.comで上記詳細をチェック!

次のページへ

三立電機株式会社 東京都豊島区重工業設備、発電所設備
三立電機株式会社 システムソリューション部 東京都豊島区 システム開発 ホームページ制作
x