南関東競馬虎の巻

南関東のリーディングサイアーは大井競馬場でも狙える!?

 皆さんごきげんよう。『南関大学』講師の井上オークスよ。
今回もしっかりお勉強していきましょう。今回の講義は大井競馬場の種牡馬別成績がテーマです。


nankankeiba.comで詳細をチェック!

 『nankankeiba.com』の「データBOX」では、南関東4競馬場の総合リーディングサイアーランキングと、競馬場ごとのリーディングサイアーランキングを確認できるわ。この講義で種牡馬別成績を取り上げるのは初めてだから、まずは南関東4競馬場全体の種牡馬別成績を見ていただこうかしら。

南関東4競馬場のリーディングサイアーランキング(勝利数順、2012年1月1日 ~ 2012年8月1日)
nankankeiba.comで上記詳細をチェック!

 2012年8月1日終了時点での2012年南関東リーディングサイアーはサウスヴィグラス。勝利数も勝ち馬の頭数もダントツね。勝率を見ても、ベスト10圏内でサウスヴィグラス以上の数字をマークしているのはマンハッタンカフェくらい。文句ナシに現在の南関東4競馬場を代表する種牡馬と言えるでしょう。現役時代のサウスヴィグラスはJRA所属だったけど、2003年に大井競馬場で行われたJBCスプリント(GI)を制すなど、地方競馬のダートグレード競走で大活躍していた馬。スピード感溢れるレースぶりを覚えている人は多いでしょうし、能力の高さは産駒にもしっかり伝わっているみたいね。

 ちなみに、同じ期間中のJRAリーディングサイアーランキングはこうなっているわ。

JRAのリーディングサイアーランキング(勝利数順、2012年1月1日~ 2012年8月1日)

 ご覧の通り、南関東4競馬場のランキングとはだいぶ異なる顔ぶれね。両方のランキングでベスト10入りしているのはクロフネとゴールドアリュールだけ。単純に有名な種牡馬を評価するのではなく、南関東なら南関東向きの、JRAならJRA向きの種牡馬に注目すべきということなんでしょう。
 南関東とJRAでこれだけ違えば、競馬場別の違いも気になるところ。今度は大井競馬場に限定したリーディングサイアーランキングを見ていただこうかしら。

次のページへ

三立電機株式会社 東京都豊島区重工業設備、発電所設備
三立電機株式会社 システムソリューション部 東京都豊島区 システム開発 ホームページ制作
x